天女入門セミナーって?

ほんとうは、想像を超えて深い、私という宇宙!
ほんとうは、想像を絶するほど大きい、私の力!
女性はみんな、創造のパワーを持つ天女なのです

天女の目覚めは、
何か特別なモノになるということではなく、
自分自身が、
「天心で生きる女性=天女」
だということを思い出し、
もともと持っている無限の力を思い出し、
その力の使い方を学んで行くプロセスです。

 

 

講師 ゆみこさんからのメッセージ

こんにちは!ゆみこです。
構想から3年、やっとやっと、
皆さんに宇宙の秘密を伝える入門セミナーを
開くことができます。
感動でワクワクしています。
うれしくて喜びでいっぱいです。

私は、ずっと、ずっと、
自分はどこから来てどこへ行くのかを
知りたいと思っていました。
なぜ?何のため?に生まれてきたのかを
知りたいと思っていました。
私は何なのかを知りたいと思っていました。
私を存在させているこの世界のことを隅々まで
知りたいと思っていました。

輝いて生きたいと思っていました。
血が騒ぐのです。心がうずくのです。
内なる叫びがあふれるのです。
でも、自分が何を望んでいるのかが
具体的にわかりませんでした。 

宇宙の歴史やしくみ、地球の歴史、
人間の歴史のほんとうの姿、生きていることの意味等々、
見果てぬ夢と思いながらも、追い求め続けてきました。
その夢が、かないました。

毎日毎日、無心に、
つぶつぶ雑穀と向き合って暮らしていたら、
いつのまにか宇宙と対話できている自分がいてビックリ。
体の中から知恵とエネルギーが
泉のように湧き上がるようになっていたのです。
宇宙のルールに沿った料理作りを楽しみ、
おいしさを味わって、
その感動や技を伝え続けていたら、
すべてが、驚きのシンプルさで見えてきて、
様々な疑問が氷解していったのです。

そして、天命をハッキリと思い出しました。

それは、女性たち一人ひとりの天女への目覚めを

手伝うことです。 自分の中に眠っている、
計り知れないほど大きな宇宙のパワーを目覚めさせる技を
伝染させることです。

そして、目覚めた女性たちと、力を合わせて
ココロとカラダと宇宙の平和を取り戻すために
力を合わせていくことです。

ゲスト YoshieEbihara

天から舞い降りた目覚めの歌を歌うシンガーソングライター

天から舞い降りた目覚めの歌を歌うシンガーソングライター

 天から舞い降りた100を越える目覚めの歌を歌う
「"うた"という形でご一緒させて頂いている天女入門セミナー。
 私の中に眠っている女性性や母性が毎回揺り動かされている。
 そんな気がするのです。
 私が受け取った歌に込められた様々な景色を感じとっていただけたらと思います。」

 

世話人からのメッセージ

こんにちは。広島天女入門セミナー開催世話人の大森佳代です。
広島の宮島厳島神社には、宗像三女神(タギリヒメ、タキツヒメ、イチキシマヒメ)
がお祀りしてあります。まさに、天女の本拠地です。私はこの地で天女セミナーを開
催できたらどんなに素晴らしいだろうかとずっと心に思ってきました。それが、今年
の8月、ついに実現します。これは、天が与えて下さったBIGなプレゼントだと思い
ます。
私にとって天女セミナーは、これを学ぶためにつぶつぶにめぐり逢ったのではないか
と言っても過言ではないほど、「今までずっと知りたかったこと、探し求めていたも
の」でした。
初めてゆみこさんから、一人一人の心に宿る"タギリヒメのたぎるような情熱の愛、タ
キツヒメの滝のように降り注ぐ愛、イチキシマヒメのやさしく包み込む慈愛"の話を
聞いたとき、なぜだか分からないけれど、涙が流れ続けてとまりませんでした。たぶ
ん、長い間封じ込められて深く眠っていた内なる女性性が目覚めた瞬間だったのでは
ないかと思います。
つぶつぶを食べ続け、私の中にずっと眠っていたものが目覚め、自分自身の生体エネ
ルギーが高まった時、「思いが実現する」という宇宙法則が働くようになりました。
今まさに、信じられないようなことが次々と実現しています。これは、私だけではな
く誰の中にも同じように備わっていることです。
宇宙のいくつかの法則にしたがって、素直につぶつぶを食べ続け、宇宙の法則を学
び、実践し続けただけです。そこには、ただ、ただ、信頼と感謝だけがありました。
みなさんは、つぶつぶを食べたそのときから、この宇宙からのスペシャルな贈り物を
受け取るチケットをもらっているのです。
つぶつぶを食べているのに、天女セミナーを受けないのは、大当たりの宝くじを現金
に引き換えないのと同じようなものかなと私は思います。
現在、惑星地球意識エネルギーを作り出している無数の周波数の中から、恐れに基づ
く不愉快なエネルギーを引き出してしまっています。母なる地球を踏みにじり、つい
には放射能汚染という、ぎりぎりの臨海点に達してしまった今、その現実を、宇宙の
根源の意志に沿う、次なるステップ、平和へと続く未来へと導く天女、天人が必要な
のです。
「もしも明日がないとするなら、今をどう生きようか」
これは、天女入門セミナーで目覚めの歌を歌って下さるYoshie Ebihara
さんの歌の中に出てくる歌詞です。私は、何かを決断するとき、必ず、「明日がない
としたら、今どう生きるべきか」を自分に問いかけながら決断をしてきました。
あなたの今を大切にして下さい。そして、その今をどう生きるかがこれからの地球を
大きく動かしていくのだということを感じてください。
つぶつぶマガジンの「天女たちへ」をもう一度読み直してください。そこにきっと答
えがあります。ひとりでも多くの方が、「自分は、天女、天人だったんだ!」という
ことを思い出していただけることを祈っています。どうか、今年の8月にたくさんの天
女、天人にお会いできますように!



未来食 大谷ゆみこ著 2,050円
未来食 大谷ゆみこ著 2,050円